お金をためる

社会人の貯金の秘訣!将来のことを具体的にするだけで簡単に

更新日:

貯金は難しい?簡単?

「社会人として将来の為に若いうちから貯金をしといた方が良い」と言うのは20・30代の社会人にとって、まるで子守歌のように聞かされる話です。
そんな子守歌を毎日のように聞かされていれば自然と貯金をした方が良いと思うようになる一方で、若いうちしか遊べないと思う気持ちもあるのが20・30代の社会人です。

曖昧な将来の為に毎月貯金をする事はゴールの無いマラソンを走る事に近く、精神的にかなりハードで結果的に貯金が難しくなります。

しかし、逆に言えば、将来の為になぜ貯金をしなくてはいけないのかを具体的にしてゴールを設定すれば貯金は簡単になると言う事です。
貯金を無理なく簡単にできるように貯金の必要性を具体的にし、合計いくら貯金をすべきで、毎月いくら貯金をすべきかをご説明します。

貯金をする意味

将来の為と言う曖昧なゴールでは貯金は出来ません。
具体的になんの為に貯金をする必要があるか、そしていくら貯金しなくてはいけないのかを認識してはじめて貯金ができるのです。

では、将来の為と言うのは具体的に何をさすのかと言うと主に以下の3つの事を指します!

 ・結婚費用
 ・子供の養育費
 ・定年後の生活費

そして、この3つにかかる費用は

結婚費用は約400万円
子供の養育費(大学まで進学した場合)は約1,500万円
定年後の生活費は約3,000万円

つまり、
将来の為に必要な金額は合計約4,000万円になります。

定年後の生活を考えた場合はかなり計画的な貯金が必要な金額である事が分かります。
このように具体的になぜ貯金をしなくてはいけないのか、そしていくら必要かが分かる事が貯金を無理なく続けるスタート地点になります。

必要な貯金額は400万円?!

次に合計いくら貯金をするか目標を持って毎月貯金する金額を決めます。

例えば、全てを考えて4,000万円を貯金しようとした場合は22才から60才まで働いて毎年約105万円を貯金する必要があります。

これは月に8.75万円の貯金をする事で、20・30代の社会人にとっては給料の2分の1近くで、とても現実的ではありません。
また、給料も20・30代と40代以降では大きく違いますので、まず20・30代の社会人が考えるべきは「結婚費用の400万円」です。

厚生労働省が平成25年に調査した20・30代の貯蓄額平均は20代160万円、30代423万円と概ね結婚費用に近い金額です。
(参照:http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa13/dl/03.pdf

つまり、20代では結婚資金の半額分200万円を30代では結婚資金の全額分400万円が一つの必要貯金額の目安と言えます。

貯金方法と毎月の貯金額

具体的な目標金額が決まればそれに向けて毎月いくら貯金をしていくかだけです。
社会人の貯金方法としては2つあり、会社などを利用し強制的に給料から貯金する財形貯蓄か自分で毎月貯金をしていくか方法があります。

財形貯蓄は強制的で目標額になるまで引き出せない分、確実に目標金額は貯まりますが、20・30代の社会人の給与で毎月3~5万円引かれ、自由に使えないとなると
急な結婚式や同僚の誘いなどに対応できなかったりし、我慢する事になります。

今回は20・30代の社会人が我慢する事なく貯金をする事に重点を置いていますので
自分で毎月コツコツと決まった金額を貯金していく方法をとります。

後は、毎月いくら貯金をしていくかだけです!

20代であれば、目標が200万円なので
1年目は毎月1万円の12万円のボーナスは貯金には回さず、無理ない金額にします。
2年目は毎月2万円の24万円のボーナス5万円の10万円で合計34万円を貯金します。

まず2年間は無理のない貯金をして、貯金の習慣をつける事に重点を置きます。

3年目は毎月3万円の36万円のボーナス10万円の20万円で合計56万円を貯金します。

毎月の金額は無理して上げない分をボーナスで補填する形をとります。
これを4・5年目と繰り返す事で合計202万円の貯金ができます。

そしてこの習慣が身に付いて続けていけば、31歳の時には貯金額は426万円と30代での目標貯金額を超える事になります。

貯金は具体性と継続性

子守歌のように聞かされている「社会人は将来の為に貯金をすべき」と言う事が、かえって20・30代の社会人を悩ませています。
貯金は何となくしなくてはいけない事だけど、欲しいモノや遊びにはお金が必要と言う正論と欲求が戦い我慢をしている状態になり貯金は難しいと
感じ、上手く貯金できない状態になってしまいます。

しかし、曖昧な将来の為と言う事を具体的にするだけで無理なく簡単に貯金ができます。
具体的になぜ貯金が必要か分かれば、合計いくら必要で、そこに向けて毎月いくらするかを続けるだけです。

20・30代の社会人の貯金に必要な事はなぜ貯金をするのか具体的にして、それに向けて継続する事だけなのです。

-お金をためる
-

関連記事

新婚カップル必見!新婚の貯金平均額と結婚後の出費

目次新婚の貯金平均額世帯貯金額は約1000万円が平均年齢によって異なる新婚夫婦の貯金平均額結婚してか …

貯金が趣味な人って実は多い?! 今スグ貯金をはじめる方法も公開

目次「貯金が趣味」は裏の顔?貯金が趣味な人の特徴真面目な人堅実な人ケチな人毎日同じような生活を繰り返 …

【貯金のコツ】自分にあった貯金のコツを知ることから始めよう!

目次学生が貯金をするコツ価格を比較する習慣をつける食費を節約する主婦が貯金をするコツ無料で使える施設 …

あなたの家計は大丈夫? 主婦の賢い貯金方法

目次主婦の賢い貯金方法光熱費食費銀行を分ける財布を使い分け収支を記帳するつもり貯金をする貯金は意識の …

これならできる! 絶対に失敗しない500円貯金

目次500円玉貯金(メリット・デメリット)楽しくコツコツできる500円玉貯金500円玉貯金をするデメ …

親への仕送り平均額は6万円?!税金がかかるのはいくらから?
親への仕送り平均額は6万円?!税金がかかるのはいくらから?

[保存版]東京節約デートスポット7選
[保存版]東京節約デートスポット7選

株の初心者はここから!株式投資の超基本を一から解説
株の初心者はここから!株式投資の超基本を一から解説

カップル必見!同棲中の生活費まとめ
カップル必見!同棲中の生活費まとめ

証券会社や銘柄を徹底比較!初心者におすすめ株の口座開設も公開
証券会社や銘柄を徹底比較!初心者におすすめ株の口座開設も公開

新婚カップル必見!新婚の貯金平均額と結婚後の出費
新婚カップル必見!新婚の貯金平均額と結婚後の出費

貯金が趣味な人って実は多い?! 今スグ貯金をはじめる方法も公開
貯金が趣味な人って実は多い?! 今スグ貯金をはじめる方法も公開

夫婦っていくら貯金してるの?!気になる30代、40代、50代の貯金額
夫婦っていくら貯金してるの?!気になる30代、40代、50代の貯金額

デート代は彼氏持ち?割り勘?女性の本音から考えよう
デート代は彼氏持ち?割り勘?女性の本音から考えよう

初めての口座開設はネット証券で!ネット証券をかんたん解説!
初めての口座開設はネット証券で!ネット証券をかんたん解説!

親への仕送り平均額は6万円?!税金がかかるのはいくらから?
親への仕送り平均額は6万円?!税金がかかるのはいくらから?

誰でも1年間で100万円貯金! 100万円貯金のポイントに貯金箱の工夫と定期預金
誰でも1年間で100万円貯金! 100万円貯金のポイントに貯金箱の工夫と定期預金