株式投資

長期の投資で絶対覚えておきたい!PERやPBRなどの総まとめ!

更新日:

中期投資や長期投資など、比較的長い期間でトレードを行っている人なら、必ずチェックしているPER、PBR、PCFR、そして、ROE。

投資対象がお買い得か、企業体質に問題はないかなどが分かる指標です。とりわけ投資期間が長いと、こういった指標の理解が欠かせません。下手をすると、最悪倒産したり、上場廃止になったりするからです!

一方で、デイトレードやスイングトレードといった短期の投資でも、知っておいた方がよい指標でもあります。これらの数値があまりに悪いと、買った直後に悪材料が発表されて、大損をする可能性があるからです!!

銘柄の割安度をあらわすPERとは?

 

PERとはなにか?

PERとは、「株価収益率」のことです。Price Earnings Ratioの頭文字をとったものです。PERの読み方は、ピーイーアール、または単にパーです。

PERは、一株当たりで考えると、「今の株価が一株当たりの純利益の何倍か」を表しています。

PERの計算方法

PER(株価収益率)とは、会社の時価総額を純利益で割ることで求められる指標です。

 

PER(株価収益率)=時価総額 ÷ 純利益

PER(株価収益率)=株価 ÷ 1株あたりの利益

 

時価総額とは、発行済みの株式数に株価を掛けることで、計算できましたね。時価総額は、会社の値段ともいわれることのある数値です。計算結果は、倍率で表されます。これでは、抽象的で分かりづらいので、具体例を挙げます。

例えば、株価が1000円で、1株当たりの予想利益が100円だったとします。すると、1000を100で割って、PERは10倍となります。

株価が2000円で、1株当たりの予想利益が400円ならば、PERは5倍です。

PERから何が分かるの?

PERを算出するときに、株価が登場しました。ですから、株価が騰落(上げ下げ)すると、このPERの数値も上がったり、下がったりします。

つまり、株価が上がれば、PERも上がります。逆に、株価が下がれば、PERも下がるということです。一般的には、PERの値が小さいと、それだけ投資家に買われていないということになります。会社の価値や値段に対して、買い手が少ないために、株価が割安になっているということです。

 

PERをつかいこなして、投資に活用しよう!

PERは低い方がお得!

投資家によって、判断に差がありますが、大体PERが10倍から15倍までなら、割安であるとよくいわれます。

 

ayaka
JK あやか

PERが低い方がお得ってよくわかんない

 

ayaka
おじさん

じゃあ、みんな知っているピカソを考えてみよう

 

ayaka
JK あやか

ピカソってあの有名な絵描いてた人だよね

 

ayaka
おじさん

そうそう!
ピカソの才能がまだ認められてなくて有名じゃなかった時って、彼の絵を欲しい人が少ないから絵も安かったはずだよね。
だけど、今では世界中の人が知っている超有名な画家だから彼の絵はものすごく高いよね。

 

ayaka
JK あやか

わかった!
本当はもっと力があるのに、みんなにそのことが知られていないから値段が安いってことか!
だからPERが低いのはお得なんだね!

 

PERが低くなっているときに、買うとよいとは、これと同じです。会社の業績がよく、本来の価値からしたら、株価がもっと高くて当然という銘柄があります。

したがって、PERをみて、割安に放置されている銘柄を見つけたら、買いとなるわけです。長期的には、適正価格に向かって、株価が上昇していくはずだからです。

PERを同じ業界で比較する

とはいっても、PERが10倍を切っているから、買おうではいけません。トレードの確度をより高めるには、同じ業界のほかの銘柄では、PERがどうなっているかも確認する必要があります。同業他社のPERも同じように低いのなら、事情が変わってきます。

関連性の高い銘柄のPERを調べたり、業界の平均PERのチェックも欠かせません。その上で、投資を検討している銘柄のPERは、本当に低いのか。割安なのかを判断するようにすれば、的中率を上げられます。

 

PERはここでチェック!

PERが何かはわかったけど、そうはいっても自分でいちいち計算したくはない!そんなあなたに、誰でも無料でPERを調べる方法を紹介します。

・各証券会社の公式サイト
・Yahoo!ファイナンス
・会社

 

併せて覚えておきたいPBR、PCFR、ROE

PBRとは何か?

PBRとは株価純資産倍率のことです。Price Book-value Ratioの頭文字。

企業の純資産(株主資本)を基にして、株価が割安かを判断する指標です。計算式は、

PBR=株価 ÷ 1株当たりの純資産(BPS)

 

BPSは、純資産を発行済みの株式の総数で割ることで求められます。

株価が1000円で、1株当たりの純資産が500円だったとしたら、PBRは2倍になります。

PERと同じく、PBRもその値が小さいほど、割安とされます。

PBRを参考にして、どう売買したらいいのか?

よく言われるのは、PBRが1.5倍の銘柄が割安というものです。

ただし、PERとは違い、PBRが小さいほど良いわけではありません!特にPBRが1倍を切っている銘柄では、経営状態が悪い可能性がありえます。株価が企業が本来もっている資産よりも低くなっているということは、みんながこの企業は今後まずい!いまのうちに売っとこう!と思っている可能性が高いということです。

ところが、実際にトレーディングを行う場合には、PBRが1倍未満のものも見たほうがよいです。その理由は、PBRが1倍を切っていても、経営状態が良好なケースもあるからです。PBRが1倍以下だと赤字というのは、あくまでも理論上の話です。実際のところ、理論どおりにはなっていない銘柄もあります。つまり、穴場になっている銘柄です。

PBRが極端に低い銘柄を発見できたら、念のため、企業業績などをチェックするとよいでしょう。赤字続きではないし、倒産のうわさもない。経営環境も問題がないし、決算書をみても問題がなさそうであれば、狙い目の銘柄であるかもしれません。

 

PCFRとは何か?

PCFRとは、「株価キャッシュフロー」です。Price Cash Flow Ratioの頭文字をつなげたもの。

PERやPBRと同様に、倍率で表現されます。その計算方法は、

PCFR = 株価 ÷ 1株当たりのキャッシュフロー

 

1株当たりのキャッシュフローは、キャッシュフローを発行済み株式数で割ることで求められます。企業の割安感を知るには、主に先ほど出てきた、PERとPBRがよく利用されます。

ところが、PERとPBRだけでは、本当に割安なのかどうかを、判断しきれないケースがあるにはあります。そこで、役立つのがPCFR!!

いままでは、企業の稼ぐ力、儲けをベースに割安かを判断していました。そこへ、キャッシュフローを加えると、より正確に割安度を測れるということです。キャッシュフローというのは、簡単にいうとお金の流れです。ある企業が、いくらお金を借りて、それをなにに使って、いくら儲かって… みたいに数字を追ったものです。

 

例えば、キャッシュフローが500億円、発行済み株式の総数が5000万株だったとすると、1株当たりのキャッシュフローは、1000円となります。

現在の株価が3000円ならば、3000を1000で割って、PCFRは3倍になります。

現実には、PCFRの倍率は、もっと大きくなる傾向にありますが、ここでは分かりやすさを優先させて、説明しています。

 

PCFRをどう投資活動に活かすのか?

PERなどと同じように、PCFR単体で投資判断を行うのは危険です。ほかの指標と組み合わせて、利用するのが適切です。具体的にいえば、PERだけをみると割高だが、PCFRの値がかなり下がる場合です。

この場合には、積極的に設備投資などを実施していることが考えられます。

つまり、PERなどと照らし合わせて、PCFRをみることで、企業の現状を把握できるわけです。さらに、ここでも同業他社との比較が肝心になります。PCFRは、企業が将来の成長に備えて、設備投資などを行っていると、PERなどと比べて、その倍率が下がることがあります。つまり、同業他社では、PCFRとPERは似た数値だが、投資予定銘柄では、PERとPCFRとが乖離しているなら、将来的な成長が予想されます。その結果、長期的には、株価が上がるかもしれません。

 

ROEとは何か?

ROEは、「株主資本利益率(別名、自己資本利益率)」です。Return on Equityの略称。

ROE = 当期純利益 ÷ 純資産 × 100

 

計算結果は、%表示になります。

例えば、当期純利益が10億円で、純資産が100億円なら、ROEは10%です。

つまり、会社として儲かっていれば、ROEの数値は上がります。ROEのパーセントが高いということは、好業績企業ということです。

ROEを使う際の注意点

ROEが高水準になっているかは重要です。しかし、ROEを見る場合には、純資産の中身を確認するのが肝要です。どういうことかというと、純資産のなかには、会社が保有している資産だけでなく、借金も含まれているからです。

これらを自己資本・他人資本と呼びます。ROEのパーセントが高いからといって、必ずしも優良企業とはいえません。借入金が膨大であれば、経営状態はそこまで良好とはいえないからです。

 

組み合わせて総合的に判断するべし!

PERが10倍なら、買いなのかと短絡的に投資判断してはいけません。重要なのは、これらの指標を組み合わせて、総合的に買うか買わないかを決めることです。PERだけでは推し量れないことが、PCFRやROEで分かることがあります。また、PERとPCFRをセットにすることで、意外な事実に辿り着くこともあります。一つひとつの指標を正しく理解して、投資成功率をあげていきましょう!

-株式投資
-

関連記事

株の取引時間は日本と世界で違う?!証券取引所をマスターしよう

目次日本にある4つの証券取引所!まずは、日本にある4つの証券取引所の名前を覚えよう!!証券取引所の中 …

ハイリスクハイリターン!「信用取引」の仕組みをわかりやすく解説

日本で行われている株取引の多くは「信用取引」の仕組みを採用しています。 信用取引はどのような制度で、 …

株が割引価格でおトクに買える!?「立会外分売」をわかりやすく解説!

「立会外分売」ってワードは聞いたことがあるけど、実際にどんなものなのか詳しく知らない方も多いかも。 …

ネット証券最大手!手数料もリーズナブルなSBI証券を徹底解説!

SBI証券はネット証券最大手の証券会社でいつどこからでも取引ができる証券会社で、手数料もリーズナブル …

業界一バランスの取れたサービスで人気のマネックス証券を徹底解説!

マネックス証券はネット専業証券で、米国と中国株の取扱数がオンライン証券No1の証券会社です。また、I …

親への仕送り平均額は6万円?!税金がかかるのはいくらから?
親への仕送り平均額は6万円?!税金がかかるのはいくらから?

[保存版]東京節約デートスポット7選
[保存版]東京節約デートスポット7選

株の初心者はここから!株式投資の超基本を一から解説
株の初心者はここから!株式投資の超基本を一から解説

カップル必見!同棲中の生活費まとめ
カップル必見!同棲中の生活費まとめ

証券会社や銘柄を徹底比較!初心者におすすめ株の口座開設も公開
証券会社や銘柄を徹底比較!初心者におすすめ株の口座開設も公開

新婚カップル必見!新婚の貯金平均額と結婚後の出費
新婚カップル必見!新婚の貯金平均額と結婚後の出費

夫婦っていくら貯金してるの?!気になる30代、40代、50代の貯金額
夫婦っていくら貯金してるの?!気になる30代、40代、50代の貯金額

貯金が趣味な人って実は多い?! 今スグ貯金をはじめる方法も公開
貯金が趣味な人って実は多い?! 今スグ貯金をはじめる方法も公開

デート代は彼氏持ち?割り勘?女性の本音から考えよう
デート代は彼氏持ち?割り勘?女性の本音から考えよう

初めての口座開設はネット証券で!ネット証券をかんたん解説!
初めての口座開設はネット証券で!ネット証券をかんたん解説!

誰でも1年間で100万円貯金! 100万円貯金のポイントに貯金箱の工夫と定期預金
誰でも1年間で100万円貯金! 100万円貯金のポイントに貯金箱の工夫と定期預金

親への仕送り平均額は6万円?!税金がかかるのはいくらから?
親への仕送り平均額は6万円?!税金がかかるのはいくらから?