株式投資

上場廃止も!?持ち株が監理ポスト・整理ポストに入ってしまった時の対処法まとめ

更新日:

証券市場において、定期的に耳にする「監理ポスト」「整理ポスト」といった言葉。

どんな意味があり、投資家はどのように対処する必要があるのでしょうか?

また、予防することはできるのでしょうか?

監理ポストって?

株式市場の厳格なルール

株式市場というのはとても厳格です。

投資家保護のため、しっかりとしたルールや規則に基づいて運用されています。

このルールは投資家はもちろん、株式を公開している企業も順守することが求められています。

公正な取引が行われている間は特に問題ありません。

 

しかし

株価に重大な影響(たいていの場合、大幅に株価が下落する可能性が極めて高い場合や上場廃止基準に該当する場合などをいいます)を及ぼすような情報が取り上げられた場合、放置しておくと投資家が大きな損をしてしまう危険性があります。

公正な取引での損失は自己責任ですが、このような場合には注意喚起を促し投資家を保護する必要があります。

そのために、その銘柄の株式を事実確認がしっかりととれるまでの間に割り当てられるところを「監理ポスト」と言います。

監理ポストに入ると上場廃止?

監理ポストに入るということは、少なからず上場廃止の危険性があるということです。

上場廃止になってしまうと、株式は市場で流通することがなくなり、流動性は著しく低下します。

しかも上場廃止になるような株式は、発行する企業の財務体質なども大きく毀損している可能性が非常に高いです。株式の価値もほとんどないと考えられ、いわゆる「紙くず」状態に陥ることが極めて濃厚です。

取引するにはそのようなリスクを背負うことになるということを投資家に知らしめるための監理ポストであるという側面を持ち合わせているのです。

 

株価はどうなる?

監理ポストに入った銘柄の株式は、やはり企業に対する信用リスクが上がることとなり、株価もストップ安を繰り返したり値付かずになることがほとんどです。

「一刻も早く売ってしまって最小限の損失にとどめたい」という投資家の思惑が働くのですね。

なお、一部の大型銘柄が監理ポストに入った場合は例外としてある程度の株価で止まる傾向にあります。やはり、上場廃止になったとしても再生する可能性が高いと投資家は考えるのです。

 

ちなみに監理ポストに入った銘柄は、上場廃止基準に該当しないと判断された場合には通常の取引が可能になります。

一方で、上場廃止基準に該当することが確定した場合には、後述する「整理ポスト」に入って上場廃止の時を迎えることになります。

 

監理ポストに割り当てられた銘柄の取引

もし保有している銘柄の株式が監理ポストに入ってしまった場合には、徹底的に情報を入手することが大切です。

大企業が監理ポストに入ってしまった場合、連日の新聞やテレビの報道なので状況を把握しやすいと思います。

一方で、中小の企業などの場合はおそらく報道などは少ないか全くない場合もあるでしょう。

 

なぜ整理ポストに入ったのか?

その際には、「なぜ監理ポストに入ることになったのか」を確認しましょう!

監理ポストに入るということは、上場廃止基準に該当する可能性が極めて高いケースがほとんどです。その際には、ストップ安であったとしても売却することが最も良い選択肢です。

上場廃止していく銘柄に固執する必要はありません。

いち早く抜け出さないと、大きな損を抱えるリスクが増大します。極力損失は少なくしなければなりません。新たな投資で挽回することも考えなければなりません。

そのためにも、すぐに売り注文を出すことが最も重要です!

 

整理ポストって?

上場廃止の通告

監理ポストに入っていた銘柄の株式が、上場廃止基準に該当することが確定すると「整理ポスト」に入ります。

証券市場においては、上場廃止になったからといっていきなり売買ができなくなるわけではありません。そんなことをすると、投資家は一瞬にして多くの場合は無価値となってしまう株式を保有することとなり、大きな損を抱えてしまうことにもなりかねません。

つまり投資家保護の概念からも、上場廃止になることを周知する意味を含めての整理ポストなのです。

 

1ヶ月程度は取引できる

整理ポストに入ると、通常1か月程度はその中で取引が継続されることとなります。

その間の株価は投機的な意味合いが高まり、1円から10円くらいの間を乱高下することが多くなります。

1円で買って3円で売るなどして儲けようとする投資家まで現れ、ある意味にぎやかになることもしばしばです。出来高も今までにないくらいの量になり、活況を呈するでしょう。

 

しかし、1か月後には上場廃止となることが決まっている銘柄です。万一、投機的に買い付けをしたが、売ることができなかったという場合には大きな損を抱えるリスクは常に肝に銘じておかなければなりません。

証券会社を通して売買する場合には手数料もかかります。

手数料を払ってでも儲かるような取引はそんなにないということも認識していおかなければなりません。

 

整理ポストに割り当てられた銘柄の取引

整理ポストに入っている間に売り抜こう!

監理ポストに入っている間に売ることができなかったとしても、この整理ポストに入っている間には何としても売り抜けなければなりません!

監理ポストとは違い、整理ポストにはいいている銘柄は間違いなく上場廃止になります。

その時にはすでに、大きな含み損を抱えていることは容易に想像できますよね?

 

冷静になって考えてみると、株式市場で上場している銘柄の中で株価が「0円」になることはありません。

しかも、値がついているということは投機的取引を行いたい誰かが買っているということにほかなりません。

残された猶予は1か月しかありません。すぐにでも手放しましょう!

 

投機的取引はNG

また、投機的取引に打って出ることも避けたほうが良いでしょう。

なかなか儲かる機会が少ないのが整理ポストでの投機的取引です。

新たな前向きな投資を考えることのほうが有益です。終わっていく銘柄をいつまでも引きずっていてはいけません。

 

具体的には?

近年、監理ポストや整理ポストに入った銘柄として有名なのが「東芝」です。

 

東芝は2015年9月に有価証券に虚偽の記載を行い、監査報告書で不適切な会計処理を行ったとの指摘がなされたために「特設注意銘柄」に指定されました。

投資家がどの銘柄に投資しようか考えるための材料として、財務体質などを調べるために有価証券報告書や決算書類を見ます。

公平・公正な株式取引のためには正しい材料で判断しなければならないところを、投資家を欺いていたのですから許されるはずはありません。一種の詐欺と同じです。

 

東芝は「内部管理体制確認書」を提出していましたが、改善の兆しが見えなかったことなどから監理ポストに指定されてしまいました。

投資家が公正な取引を行うに値しない銘柄である」と、取引所から判断されてしまったわけです。

その結果、東芝はアメリカでの原子力発電所事業において巨額の損失を抱えてしまい、債務超過(債務が資産を上回ること)に陥ってしまい、東証2部へ降格しました。

さらに2018年3月末までに債務超過が解消されないと、上場廃止基準に抵触してしまい、上場廃止となってしまう可能性があります。現在、その回避に向けて経営の立て直しが行われているところです。

 

監理ポストや整理ポストに保有株が入ってしまう前に!

私たちが株式投資を行う際には、企業の財務内容や経営状態、今後の見通しなどを総合的に判断して投資する企業を決めています。

最初から監理ポストや整理ポストに入りそうな銘柄を選んで投資しているわけでは決してありません。

 

しかしその一方で、東芝やかつての西武鉄道のように、いつ何時株価に重大な影響を及ぼすニュースが飛び込んでくるかわかりません。

経営陣の評価も投資の判断材料の一つであることがよくわかりますね!

つまり、株式投資においては、常に保有株式についての最新のニュースをチェックしておくことが非常に重要になります。

監理ポストや整理ポストに入るほど大きなことではなくても、今後の見通しが明るくない企業に投資している価値はありません。

自身の利益のためにも、リスクが大きくなる前に見極めることは非常に大事です。先を見抜く力を持ち続けなければならないのです!

-株式投資
-

関連記事

流動性とボラティリティをマスターして株の銘柄を選ぼう!

目次株式投資で絶対に押さえておきたい指標これからを占う年初来高値、年初来安値、上場来高値稼ぎやすい上 …

人生がバラ色に!大化け株「テンバガー」の見つけかた

誰しも一度は株で大当たりして、お金に困らないバラ色の人生を妄想したことがあるのではないでしょうか? …

【初心者必見】株式取引で使われる用語を知ることで、他の人と差をつけよう!

目次日本の証券取引所はここ!取引時間を確認しましょう株の取引が成立するのは、「立ち合い」の時間のみ株 …

はじめての投資信託!基本用語から運用のポイントまで徹底解説!

おじさん 今回は、「投資信託」を紹介するよ!ちなみに、あやかちゃんは投資信託についてどれくらい知って …

どこよりもわかりやすく!「ローソク足」の基本から応用まで徹底解説!

おじさん 「今回は、チャートを読むときの基本「ローソク足」について解説するよ!」   JK …

親への仕送り平均額は6万円?!税金がかかるのはいくらから?
親への仕送り平均額は6万円?!税金がかかるのはいくらから?

[保存版]東京節約デートスポット7選
[保存版]東京節約デートスポット7選

株の初心者はここから!株式投資の超基本を一から解説
株の初心者はここから!株式投資の超基本を一から解説

カップル必見!同棲中の生活費まとめ
カップル必見!同棲中の生活費まとめ

証券会社や銘柄を徹底比較!初心者におすすめ株の口座開設も公開
証券会社や銘柄を徹底比較!初心者におすすめ株の口座開設も公開

新婚カップル必見!新婚の貯金平均額と結婚後の出費
新婚カップル必見!新婚の貯金平均額と結婚後の出費

貯金が趣味な人って実は多い?! 今スグ貯金をはじめる方法も公開
貯金が趣味な人って実は多い?! 今スグ貯金をはじめる方法も公開

夫婦っていくら貯金してるの?!気になる30代、40代、50代の貯金額
夫婦っていくら貯金してるの?!気になる30代、40代、50代の貯金額

デート代は彼氏持ち?割り勘?女性の本音から考えよう
デート代は彼氏持ち?割り勘?女性の本音から考えよう

初めての口座開設はネット証券で!ネット証券をかんたん解説!
初めての口座開設はネット証券で!ネット証券をかんたん解説!

親への仕送り平均額は6万円?!税金がかかるのはいくらから?
親への仕送り平均額は6万円?!税金がかかるのはいくらから?

誰でも1年間で100万円貯金! 100万円貯金のポイントに貯金箱の工夫と定期預金
誰でも1年間で100万円貯金! 100万円貯金のポイントに貯金箱の工夫と定期預金